注目キーワード

Case:03 -CAMPCAN- IKEAのマグネット缶と3Dプリンタでキャンプ感あふれるお天気グッズを製作(概要)

すけろく
ううー行きたい。行きたい。
でも、時間がない~(泣)
げんろく
そんなに気落ちしてどうしたのだ?
すけろく
仕事やら家事やら、忙しくて・・・
行けそうでも天気が悪くて・・・
なかなかキャンプに行けないのだ(泣)
げんろく
なるほど。
タイミングって難しいよな。
すけろく
いつでもキャンプ気分に浸れるものは
ないのかな~
げんろく
それなら、「キャンプ感」を感じる製作をしようぞ。
名付けて「CAMP CAN」だ!
皆さんは、キャンプやアウトドア、やっていますか?
仕事のいやな気持をリセットするのにいいのですが、仕事などが忙しくて・・・
なんて方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、家に居ながらにして「キャンプ感」が味わえるグッズを製作してみようと思います。
名付けて「CAMP CAN」。
CANは「」と「」をかけていますwww。
缶の中にキャンプの風景を模型にして盛り込み、飾れるものが良いな~と発想しました。

おしゃれな缶を見つけました

何かいい缶はないかなと探していたら、「IKEAのマグネット缶」がありました。
このおしゃれなマグネット缶を活用し、キャンプへの思いを感じるグッズにします。
IKEAのマグネット缶は、正式名「GRUNDTAL グルンドタール」で次のようなものです。

今回作るグッズは飾って楽しいものを目指しているので、マグネットがついた缶というのは魅力を感じます。

大きさも「高さ: 3.7 cm、直径: 9.5 cm」でちょうどいい大きさですね。

この「高さ」は缶の奥行なので、概ね「9.0㎝×3㎝」くらいの模型であれば入りそうです。

 

具体的なイメージってどんなかな?

作るにあたり、次のポイントを盛り込みたいと考えました。

  • キャンプ道具の模型を盛り込む
  • 天気情報や、時間を表示するディスプレイを入れる
  • 外周にLEDを配置して、時間によりライティングを変える
  • LEDで焚き火が燃えている感を演出する

ポイントを整理して、実際に絵を書いてみました。

キャンプ感あふれるCAMPCAN
キャンプ感あふれるCAMPCAN

どうですか、いい感じになりそうです。

ディスプレイの部分は、過去記事で製作していたディスプレイ付きマイコン「M5StickC Plus」を活用することで実装できそうです。(奥行にも余裕があります。)

created by Rinker
M5Stack
¥5,838 (2024/05/29 09:39:24時点 Amazon調べ-詳細)
画面付きで小型のマイコンです。旧版のM5StickCから、ディスプレイサイズ、バッテリ容量が変更になっています。ブザーも実装されました。通信(WiFi/Bluetooth)機能、6軸加速度センサーも搭載されています。
Aruduino で開発できます。

LEDを盛り込むために天井部分には、正面からみてLEDが隠れるようにフレームを作るのが良さそうです。

ディスプレイ周りの平面部分には、楽しげなデザインを施していきたいと思います!

 

製作工程を紹介します

今回の製作工程は、次の4つに分けてご紹介します。

  1. フレーム製作(3Dプリンターによる造形)
  2. 電子回路の製作
  3. M5StickC Plusのプログラミング
  4. キャンプ感あふれる模型製作

 

フレーム製作(3Dプリンターによる造形)

IKEAのマグネット缶内に入れるフレームを製作します。

3Dイメージの製作や、3Dプリンターでの造形について、次の記事にしています。ぜひご覧ください。

関連記事

すけろく IKEAのマグネット缶「GRUNDTAL グルンドタール」に 合わせたフレームを作るぞ! げんろく お、今回はやる気だな。 サイズを合わせたものを作る必要があるので 3Dプリンターをつか[…]

 

電子回路の製作

フレーム内に実装するLEDと電源、M5StickC Plusをつなぐ電子回路を製作します。

検討した内容と最終的な回路構成までを次の記事にしています。ぜひご覧ください。

関連記事

すけろく CAMP-CANに搭載するLEDを光らせるためには、 電力と、制御信号が必要だな。 げんろく 冴えているな。 そのとおり。 すけろく M5StickC PlusでL[…]

 

M5StickC Plusのプログラミング

今回は、LEDの発光制御と、ディスプレイへの天気情報、時刻の表示を「M5StickC Plus」にプログラミングします。

プログラミングの検討内容や最終的なプログラムについて次の記事で紹介しています。

関連記事

すけろく 今回作っているお天気グッズには、 2つの異なるLEDの発光パターンを 制御する必要があるな。 げんろく たしかに。 M5StickC Plusに接続するコネクタを変えて 個別に制御しな[…]

 

キャンプ感あふれる模型製作

キャンプといえば、テントと焚き火。9㎝×3㎝の空間に模型化したいと思います。

少し奥行きが狭いですが、何とか製作していきます。各種パーツは3Dプリンターをうまく使っていきます。

製作過程の状況や、製作内容については次の記事で紹介しています。

関連記事

すけろく 今回のお天気グッズは、キャンプ感を 出す必要があるな。 げんろく うむ。 だから、キャンプの風景模型を入れて キャンプ感を出すぞ! この記事は、「-CAMPCAN- キャン[…]

 

完成したよ

前述した工程を経て、ようやく部品が完成しました!

組んでみると。。

なかなかうまくできているのでうれしいです。

製作過程と完成したお天気グッズを動画にまとめていますのでご確認ください。

 

 

 

編集後記

いかがでしたでしょうか。

お天気と時刻の状況によってライティングが変わるので、雰囲気があっていいものができました!

使っている技術や、製作に使った道具などは、製作工程の各記事で紹介していますのでぜひご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

今回使用した主な素材、ツールはこちら!

created by Rinker
M5Stack
¥5,838 (2024/05/29 09:39:24時点 Amazon調べ-詳細)
画面付きで小型のマイコンです。旧版のM5StickCから、ディスプレイサイズ、バッテリ容量が変更になっています。ブザーも実装されました。通信(WiFi/Bluetooth)機能、6軸加速度センサーも搭載されています。
Aruduino で開発できます。

3Dプリンター(キット)

よりよくなった新型はこちら。
created by Rinker
ORIGINAL PRUSA
¥139,000 (2024/05/29 10:18:49時点 Amazon調べ-詳細)
オープンソースの3Dプリンターの仕様を作った技術者が作った会社の3Dプリンターです。この商品は、自分で組み立てることが前提です。マニュアルも日本語化されていて、組み立てで特に手順に困るということはありませんでした。非常によくできた製品で、印刷品質も高いので非常に満足できます。
ちなみに「HARIBO」というお菓子もついている(笑)ので楽しみながら組み立てられます。

3Dプリンター(組み立て済み)

created by Rinker
ORIGINAL PRUSA
¥189,000 (2024/05/29 10:18:49時点 Amazon調べ-詳細)
オープンソースの3Dプリンターの仕様を作った技術者が作った会社の3Dプリンターです。この商品は、すでに完成済みで調整もされているものです。私は自作キットのほうを購入しましたが、非常によくできた製品で、印刷品質も高いので非常に満足できます。
買ってすぐに印刷が楽しめるのもいいですね!