注目キーワード

【Arduino】ディスプレイ付きマイコン「M5StickC Plus」WiFi接続をしよう

すけろく
M5StickC Plusの大まかな違いは分かった。
WiFi接続をしてみるか。
げんろく
そうだな。
M5StickCと同じように使えるのか確認してみよう。
この記事では、M5StickC Plusに実装されているWiFi機能を使って、Wi-Fiルータに接続する方法について紹介します。

今回使用するマイコンはこちら!

M5StickC Plus
画面付きで小型のマイコンです。旧版のM5StickCから、ディスプレイサイズ、バッテリ容量が変更になっています。ブザーも実装されました。通信(WiFi/Bluetooth)機能、6軸加速度センサーも搭載されています。
Aruduino で開発できます。Amazonで確認
この記事の前提となるM5StickC Plusのはじめかたについては、次の記事で紹介しています。
関連記事

すけろく なんか、M5StickCが「在庫なし」になっている。 げんろく ああ、新しい「M5StickC Plus」が出たからな。 旧版は在庫限りになっているのだろう。 すけろく[…]

Wi-Fi接続する際には、アクセスポイントの情報(SSIDとパスワード)が必要です。
今回の記事では、M5StickC PlusマイコンのNVS(不揮発性メモリ)にアクセスポイント情報(SSID、パスワード)を記憶させ、WiFi接続プログラム内からNVSを読み込んでWiFi接続を行います。
Wi-Fiに接続する際にプログラム内でアクセスポイント情報(SSIDやパスワード)を記述すると、Wi-Fi環境が変わった際にプログラムの修正が必要になります。便利な機能としてアクセスポイント情報をNVS(不揮発性メモリ)に保存することができます。ただし、NVS領域は暗号化されないため、読みだすことができます。廃棄する際にスケッチを上書きするだけでは消えないため注意が必要です。
また、本記事でご紹介しているプログラム内のSSIDとパスワード指定部分に直接情報を指定してプログラムすることで、NVSを使わずにWiFi接続することができます。ご自身にあった方法で活用してください。
Wi-Fi接続についての基本的な説明については、旧版(M5StickC)の記事を参照してください。
この記事では、M5StickC Plusで実行可能なプログラムの仕方をご紹介します。
関連記事

この記事では、Arduino IDEを使ってコンピュータをWi-Fiルータに接続する方法について紹介します。 Wi-Fi接続する方法は、2つがあります。今回はプログラム内でWi-FiのSSID/パスワードを指定して接続するやり方をご紹介し[…]

M5StickC Plusにアクセスポイント情報を記憶させよう!

アクセスポイント情報を保存するためには、保存用のスケッチを記述して書き込みます。

Wi-Fiのアクセスポイントを設定するプログラム

Arduino IDEを起動して、「ファイル」メニューから「新規ファイル」を選択し、表示されるスケッチに以下のように記述します。

 Arduino IDE スケッチ例

M5StickC Plusへの書き込み

  1. 「ファイル」メニューから「名前を付けて保存」で任意の名前を付けて保存します。
  2. 「ツール」メニューから「ボード」情報を確認し、M5StickC Plusであるか確認します。
    この際、「シリアルポート」にマイコンを接続したCOMポートが指定されているかも確認します。
  3. 「ツール」メニューから「シリアルモニタ」を選択してシリアルモニタを起動します。
  4. 「スケッチ」メニューから「マイコンボードに書き込む」を選択します。

 

Wi-Fi接続してみよう!

次に、M5StickC PlusをWi-Fiに接続するプログラムを作成します。

不揮発性メモリに記憶させたアクセスポイント情報を読みだして接続します。

Wi-Fi接続するプログラム

Arduino IDEを起動して、「ファイル」メニューから「新規ファイル」を選択し、表示されるスケッチに以下のように記述します。

 Arduino IDE スケッチ例

M5StickC Plusへの書き込み

  1. 「ファイル」メニューから「名前を付けて保存」で任意の名前を付けて保存します。
  2. 「ツール」メニューから「ボード」情報を確認し、M5StickC Plusであるか確認します。
    この際、「シリアルポート」にマイコンを接続したCOMポートが指定されているかも確認します。
  3. 「ツール」メニューから「シリアルモニタ」を選択してシリアルモニタを起動します。
  4. 「スケッチ」メニューから「マイコンボードに書き込む」を選択します。

プログラム実行結果

シリアルモニタ上に以下の通り表示されれば成功です。

Connecting to your-ssid
...............
WiFi connected
IP address: 
192.xxx.xxx.xxx
Disconnect from WiFi
.
WiFi disconnected

 

さて、これでWi-Fi環境に接続することができました。

今回の記事は以上になります。

M5StickC向けのプログラムから、最初に読み込むライブラリを「M5StickC」から「M5StickCPlus」に変えるだけで動作しました。基本的な部分は流用可能でしたね。

今後の記事では、今回行った、Wi-Fi接続を使用してインターネット上の時刻サーバ(NTP)から現在時刻を取得してマイコンの時刻を同期するプログラムについて、M5StickCのプログラムが流用できるか確認します。

最後までご覧いただきありがとうございました。

今回使用したマイコンはこちら!

M5StickC Plus
画面付きで小型のマイコンです。旧版のM5StickCから、ディスプレイサイズ、バッテリ容量が変更になっています。ブザーも実装されました。通信(WiFi/Bluetooth)機能、6軸加速度センサーも搭載されています。
Aruduino で開発できます。Amazonで確認