注目キーワード

【Arduino】M5Stack の種類と選び方(おすすめ!)

すけろく
今回はM5Stackを取り上げたいと思うがどうだ?
げんろく
なんだ、急にやる気を出して。
どういった風の吹き回しだ?
すけろく
M5Stickとは異なり、いろいろな種類のモデルがあって
良さそうだからな。
げんろく
開発用モデルから、実用を意識したモデルまで
様々だからな。
面白い、やってみるか!
今回の記事では、「M5Stack」を各モデルを比較して、用途に応じた使い方をまとめています。
比較するのは、次のモデルです。
  • M5Stack Core 2
  • M5Stack Basic v2.6
  • M5Stack Fire
  • M5Stack Tough
  • M5Stack Core for AWS
  • M5Stack Gray(旧世代:比較用として記載)

2020年から2021年にかけて旧世代のM5Stackから、基板設計の見直しがされ、現在は2世代目になっています。

これからはじめる方にお勧めの参考図書はこちら!

M5Stackとは?

Wi-FiやBluetooth搭載のマイコンであるESP32を搭載した製品で、UIFlow、MicroPython、Arduinoという開発環境でプログラミングが可能です。

また、M5Stackは、次の2つのパーツで構成されています。

  • コア:Core」…マイコン、電源ボタン、ディスプレイ、静電ボタンなどが搭載された、プログラムを実行させる機能が搭載されたパーツ
  • ボトム:Buttom」…出力ポート(GPIO含む)やバッテリーなどを含む拡張用のパーツ

M5Stackの優れている点は、コアとボトムの接続方法が標準化されているので、ボトムを別のスタックモジュールと変更することで、利用用途に合ったパッケージングが可能になるところです。

比較するモジュールでも記載した各モデルは、基本的なコアの性能は、ほとんど変わりませんが、ボトムの出力ポートの違いやバッテリ、充電スタンド、防水性などの特徴をもとに、モデル展開をしています。

プログラムを書き込む際のパソコンとの接続用としてUSB-Cポートを準備しています。

サイズ感もよく、搭載されているディスプレイも、2.0インチ@320 x 240とIoTやロボットなどの組み込みなどに使い勝手のよい大きさです。

 

M5Stackのモデルを比較してみる

メーカー製品紹介ページの情報(2022年9月現在)を元に次のように仕様をまとめてみました。

(※私調べなので、誤記などは、ご容赦ください。)

リソース M5Stack Core 2 M5Stack Basic 2.6 M5Stack Fire M5Stack Tough M5Stack Core2
for AWS
M5Stack Gray
パッケージ
特徴 最小モデル
タッチスクリーン、内蔵振動モーターを搭載し、付属基板で6軸IMUとマイクを追加できる
開発向け
センサー類がついていないモデルで、標準搭載ボトムからGPIOに直接アクセスできる
実用向け
充電ステーションなども備えているため、実用を想定した製品
防滴仕様!
防滴機能をメインにした屋外利用を想定した製品
AWS接続+セキュア
AWS接続認証されたモデルで、暗号認証チップ付きのモデルです。実用向きですね。
開発向け
旧世代のBasic機に6軸IMUを搭載したモデル。(開発機として使いやすい)
参考サイト
(スイッチサイエンス)
詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る
プロセッサ ESP32-D0WD-V3
240 MHzデュアルコア
600 DMIPS
520 KB SRAM
Wi-Fi、デュアルモードBluetooth
ESP32
240 MHz デュアルコア
600 DMIPS
520 KB SRAM
Wi-Fi、デュアルモードBluetooth
ESP32-D0WDQ6-V3
240 MHz デュアルコア
600 DMIPS
520 KB SRAM
Wi-Fi、デュアルモードBluetooth
ESP32-D0WDQ6-V3
240 MHz デュアルコア
600 DMIPS
520 KB SRAM
Wi-Fi、デュアルモードBluetooth
ESP32-D0WDQ6-V3
240 MHz デュアルコア
600 DMIPS
520 KB SRAM
Wi-Fi、デュアルモードBluetooth
ESP32
240 MHz デュアルコア
600 DMIPS
520 KB SRAM
Wi-Fi、デュアルモードBluetooth
フラッシュメモリ 16 MB 16 MB 16 MB 16 MB 16 MB 16 MB
PSRAM 8 MB 8 MB 8 MB 8 MB 8 MB 8 MB
入力電圧 5 V @ 500 mA 5V @ 500 mA 5V @ 500 mA 5V @ 500 mA
RS485 DC入力
(12V@1A)
5 V @ 500 mA 5V @ 500 mA
インターフェイス USB Type-C x 1
GROVE(I2C+I/O+UART)x 1
USB Type-C x 1
GROVE(I2C+I/O+UART)x 1
USB Type-C x 1
POGOピン x 1、
GROVEx 3(I2C, I/O, UART)
TypeC x 1
GROVE x4 (RS485,I2C,G,UART interface)
USB Type-C x 1
GROVEx 3(I2C, I/O, UART)
USB Type-C x 1
GROVE(I2C+I/O+UART)x 1
GPIO G21, G22, G23, G19, G18, G3, G0, G1, G2, G3、G13, G14, G18, G19, G25, G26, G34, G35, G36, G38
※IMUとマイクを使う場合は、付属の基板がGPIOを使います。
G21, G22, G23, G19, G18, G3, G1, G16, G17, G2, G5, G25, G26, G35, G36 同梱のボトムでは、GROVEポートで接続する形になります。 内部配線用の基板を使ってGROVEポートで接続できるようにすることができる 同梱のボトムでは、GROVEポートで接続する形になります。 G1,G2,G3,G16, G17, G18, G19, G21, G22, G23, G25, G26, G35, G36
ディスプレイ 2.0インチ@320 x 240 ILI9342C 2.0インチ@320 x 240 ILI9342C 2.0インチ@320 x 240 ILI9342C 2.0インチ@320 x 240 ILI9342C 2.0インチ@320 x 240 ILI9342C 2.0インチ@320 x 240 ILI9342C
タッチスクリーン あり
(FT6336U)
なし なし あり
(CHSC6540)
あり
(FT6336U)
なし
スピーカー あり
(1W-0928)
あり
(1W-0928)
あり
(1W-0928)
あり
(NS4168 16bit I2S アンプ+ 1 Wスピーカー)
あり
(1W-0928)
あり
(1W-0928)
LED 電源表示灯(緑) なし SK6812 RGB LED x 10 なし SK6812 RGB LED x 10 SK6812 x 10
ボタン 電源ボタン
リセットボタン
静電容量ボタン x 3
電源ボタン
リセットボタン
静電容量ボタン x 3
電源ボタン
リセットボタン
静電容量ボタン x 3
電源ボタン
リセットボタン
※防水のためケース外にはありません。
電源ボタン、RSTボタン、仮想画面ボタン x 3 電源ボタン
リセットボタン
静電容量ボタン x 3
バイブレーション機能 振動モーター なし なし なし 振動モーター なし
マイク あり
(SPM1423)
なし あり
(BSE3729)
なし あり
(SPM1423)
なし
搭載センサー類 6軸IMU(MPU6886) なし 6軸IMU(MPU6886) なし 6軸IMU(MPU6886) 6軸IMU(MPU6886)
USBチップ CP2104 もしくは CH9102F CH9102F CH9102F CH9102  CP2104 CP2104 もしくは CH9102F
TFカードスロット
(microSD)
あり
(最大16 GB)
あり
(最大16 GB)
あり あり
(最大16 GB)
あり
(最大16 GB)
あり
バッテリ 390 mAh @ 3.7 V 110mAh @ 3.7V 500 mAh @ 3.7 V 500 mAh @ 3.7 V 110mAh @ 3.7V
アンテナ 2.4 GHz 3D アンテナ 2.4 GHz 3D アンテナ 2.4 GHz 3D アンテナ 2.4 GHz 3D アンテナ 2.4 GHz 3D アンテナ 2.4 GHz 3D アンテナ
重量 70 g 93g 162 g 139 g 108 g 93g
寸法 54 x 54 x 16 mm 54 x 54 x 18mm 54 x 54 x 30.5 mm 58 x 76 x 41 mm 54 x 54 x 24 mm 54 x 54 x 18.9 mm

 

どのモデルを使うか?

モデルがあると、どれを買おうか迷ってしましますよね。

実際に使うシーンを具体的にしないとなかなか、決められません。

防水、防滴仕様でなくても、自分で防水対応すれば、野外で使うこともできますし。。。

 

M5Stack の良いところは、ボトムのモジュールも数多く販売されているので、後で必要なものが追加ができるところです。

開発を行う段階では、ブレッドボードなどとの接続を考えると、GPIOに直接QIコネクタ(ジャンパ線)を指すことができる「M5Stack Basic v2.6」がおススメです。

接続するセンサーなどの周辺機器が決まっていて、Groveコネクタで接続するポートだけで良いなら、「M5Stack Fire」などが良いかもしれません。

マイクや振動モーターなどの機能を使いたいなら「M5Stack Core 2」が最小モデルのなので良いかと思います。

 

別の判断としては、タッチスクリーンを使うか、物理ボタンを使うか。でしょうか。

ボタン操作のみで操作でき、広い利用者層を含めるなら物理ボタン搭載モデルを。

よりスマートなイメージや、プログラムによる操作オブジェクト(ボタン)などの作りこむならタッチスクリーンを。

 

考えるだけでもワクワクしますね。

 

編集後記

いかがだったでしょうか。

今回は、M5Stack のモデルの比較を行ってみました。

様々なモデルがあるので、迷うところですが、皆さんの参考になればと思います。

当サイトでも、今後取り上げていきたいと思いますのでご期待ください。

 

今回の記事は以上になります。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

これからはじめる方にお勧めの参考図書はこちら!